WIN-NET

お客様サポートページ

お問い合わせ

メール設定マニュアル

ウイルスチェックサービス

ウイルスチェックサービスとは、メールをサーバー上でチェックし、ウイルス感染を検出した場合には、 メールを破棄することにより危険なメールがお客様のコンピューターに届かないようにします。
無料のオプションサービスで、Webメールで設定を行うとご利用いただく事ができます。
初期設定では「有効」となっておりますので、このままご利用される事を推奨しますが、 25MBを超えるメールの受信動作は、ご利用状況により変更してご利用ください。

ウイルスチェックサービス設定画面

設定方法

Webメールにログインし、右上の「個人設定」をクリックします。

「セキュリティ設定」タブをクリックし、左メニューから、『アンチウイルス設定』をクリックします。

Spam check01c

ウイルスチェックを設定することができます。

[注意事項]
  • 他社サービスのメールについては、ウイルスチェックできません。
  • お客さまのパソコン内のウイルスをチェックするサービスではございません。

1)ヘッダーのほか、メールの件名は「ウイルスチェック報告」となります。
※ヘッダー情報で振り分けができないメールソフトをご使用の際に活用できます。

ON ウイルスチェック機能を開始します。メールの件名は「ウイルスチェック報告」となります。
(初期設定)
OFF ウイルスチェック機能を停止します。

2)サイズが25MBを超えるメールを受信した場合の動作を指定します。
プルダウンメニューで選択する以外に、1)で「ON」を選択した場合に設定が有効になります。

ウイルスとして破棄する サイズが25MBを超えるメールを受信した場合、削除されます。
チェックしないで受信する サイズが25MB以上の場合はウイルスチェックを行わずに受信します。
(初期設定)
Loading